店頭やイベント会場の出入り口などに配置するフライヤーの確保について

低価格でも質は高い

PRINT

紙の種類でも費用は違う

印刷の相場を知るには、フライヤー印刷の場合にはオフセットなのかオンデマンド印刷なのか、種類の違いを知ることがポイントです。転写ローラーを使うのがオフセット、大量印刷向きといわれていて、現在、多くの商業印刷で用いられています。例えば、A4用紙100枚で1500円〜3000円が相場です。費用については、フライヤー印刷紙の種類、厚さによって異なります。このオフセットで印刷するメリットは、大量印刷であればあるだけ料金を抑えられる点です。一方、カラーレーザープリントを使うオンデマンド、必要枚数だけのフライヤー印刷ができます。版が不要だから納品も早く、小ロットであれば、逆にこちらの方を推す業者も少なくありません。というのは、データ原稿をそのまま取り込んで出力できるため、費用対効果が見込めるからです。先に述べたように、フライヤー印刷では紙の種類やサイズによっても費用が異なります。例えば、フライヤー印刷でもっともポピュラーと言われるのが、コート紙でA3〜A4サイズです。ちなみに、数字が小さいほど用紙サイズは大きく、業者目線で考えれば、仕入れがしやすいこれらのサイズ、種類は価格も抑えているようです。また、再生紙も費用対効果として、エコロジー企業、エコロジー目的では評価されている紙の種類です。割高感があるのは、仕上がりやデザインにこだわりたい場合で、特殊紙を使う場合が典型的例です。また、低価格で注文したいのならば、実店舗より人件費削減できる通販です。お届け指定、オンライン入稿、無料のサンプル提供などがウリで、一般の方からは小ロットから注文できるため、利用のし易さが評価されています。

Copyright© 2019 店頭やイベント会場の出入り口などに配置するフライヤーの確保について All Rights Reserved.